Original

第二新卒の面接ではここを見ている!②

前回の続き


「会話のキャッチボール」をうまくするコツとは!?


では早速本題へ!



会話のキャッチボールをうまくするコツ、


それは「伝え方」にあります!



「伝え方」?



プレゼンや商談でもないのに、伝え方は重要なの?


と思うかもしれませんが、ここが何より重要なんです!



どうやって伝えるのか!?



面接での伝え方には「方程式」が存在します!



こちらです!




「結論」→「根拠」→「結論」



ここさえ押さえてお話ができれば、会話のキャッチボールは間違いなくうまくいきます。



簡単な例です。


>面接官:退職理由を教えてください。

>私:はい、営業としてさらに成長したいと思ったからです。(結論)
   今の会社ではこれ以上の成長はないと思い(根拠)、さらなる成長を目指し退職を決めました。(結論)



どうして結論から伝えることが重要なのか!?


理由は大きく2つです。


①話がまとまる。


面接の際、聞かれた質問に対し、回答合ってるかな?と思いながら話をしてしまうケースがありますがそれを防ぐことができます。


②会話のキャッチボールが続きやすい。


うまく話ができなかったとしても、結論だけ先に伝えることができれば、次に面接官から「どうして?」と聞かれ会話のキャッチボールは続きます。



面接官も人間です。
長く相手の話を聞くのは疲れます。


いかにコンパクトに相手に伝わりやすく、話をすることが重要ですね!



このポイントさえ押さえていれば面接での会話は間違いなくうまくいきます!!!


安心してくださいね!




次回は、伝え方以外でさらに重要なメラビアンの法則についてお話いたします!

お楽しみに!



お問い合わせ、質問はこちらからどうぞ!

  LINE Add Friend https://line.me/R/ti/p/%40ana9146v



簡単無料相談実施中!

地方就職なら For A-career へ。
初めての就職・転職のご相談、お問い合わせはお気軽に!