Original

未来志向で面接がうまくいく?②


志望動機の伝え方

面接官へ未来の自分をイメージしてもらえ!


面接で必ず聞かれる「志望理由」、、、


しかし、その志望理由の作成に苦労している人は多いのではないでしょうか。


前回のブログでもありましたが、この「志望理由」というのは、
内定に近づくために最も重要はポイントです!



今回は、その最も重要なポイントで、確実に内定に近づけるためのヒントをお伝えしたいと思います。


そもそも志望動機って?


志望動機とは、その名の通り、その会社に入社したい理由を伝えるものです!


伝え方のポイントについては前回のブログで書きましたので、そちらを参考にしてください!

  第二新卒の面接ではここを見ている!② 株式会社 For A-career



今回最も重要にしたいのが、志望理由の「構成」について


どこまで伝えるのか!どう伝えるのか!で面接官の印象は大きく変わってきます!


そのポイントを早速お伝えしましょう!!


皆さんが伝えがちな志望理由


「御社のビジョンにひかれ、是非私も御社に入りたいと強く思いました」

「御社の研修制度を知り、御社の環境で成長したいと思いました」



何か、感じますか?


こちら二つの隠れた共通点は、どちらも目に見える現状を伝えているだけなんです!


どういうことかというと。
こちらの志望理由は、今現在目に見えてわかっている状況を伝えているだけにすぎません!


会社のいい部分を伝えているだけなんです!
面接官は「そんなこと知ってるよ!あたり前だよ!」と思っているということです。



え??


でも企業研究をして、会社のいい部分を伝えることはいいことなんじゃないの?



と皆さん思うかもしれません!


結論から言いますと、「正解です」



しかし!!!


さらにもっと重要なポイント一つあるんです!!!!



それがこちら!



「御社のビジョンにひかれ、是非私も御社に入りたいと強く思いました。
このビジョンが明確にあることにより、御社で入社した際私は迷いなく営業で走り続けることができると思います

「御社の研修制度を知り、御社の環境で成長したいと思いました。
この研修制度を受けることにより、誰からも必要とされるエンジニアに少しでも早くなれると思っております


そう!!!



プラスαのこの一言を付け加えることが最も重要なんです!!!


そうなの?と思うかもしれませが、非常に大切です!!!



人は、モノを買うときや、何か決断をするとき、頭の中で具体的にイメージをします。


「これを買ったらどうやってこれを使おうかな?」
「この決断をしたら今後どうなるかな?」など


このように人は、常に頭の中でイメージをして、決断や判断をしております!


面接官も同じです!!!


この人が弊社に入社したらどう活躍してくれるかな?と頭の中でイメージしています。



このイメージが明確に湧けば湧くほど、あなたを採用したいと思うわけです!!!


たった一つ!

このプラスαの一言で、内定率はグンッと上がります!!!


お試しください!!本当に変わります!!


ほかにも細かな面接対策を各企業様にあわせて実施しております!


面接を控えている!

対策をしてほしい!

という方はご遠慮なくお問い合わせくださいね!


  LINE Add Friend https://line.me/R/ti/p/%40ana9146v




簡単無料相談実施中!

地方就職なら For A-career へ。
初めての就職・転職のご相談、お問い合わせはお気軽に!