catch-img

第二新卒の転職は慎重に!?~転職に失敗しないために~

「今回は転職活動に失敗しないためにするべきこと」ということで、転職活動に失敗しないためには何をするべきなのかについてお話していきたいと思います。特にその中でも第二新卒の転職にフォーカスしてお話していきたいと思います。具体的にお話していきたい内容としては、そもそも「第二新卒って何」というところから、「第二新卒の転職市場」に関して、そして「企業が第二新卒が転職に求めること」という大きく3つの内容でお話していきたいと思います。


目次[非表示]

  1. 1.第二新卒って何?
  2. 2.第二新卒の転職市場での価値はどうなの?
  3. 3.企業が第二新卒に求める3つのこと
    1. 3.1.①企業が第二新卒を採用するメリット・デメリット
    2. 3.2.②企業が第二新卒に求めていること
  4. 4.最後に

第二新卒って何?

まず第二新卒ってなんとなく知っているけど、「僕って、私って第二新卒に含まれるの?」って思っている人も少なくないと思います。なのでここでは、第二新卒の定義って何というところからお話していきたいと思います。

第二新卒とは、厳密にはこれといった定義はありません。ですが一般的には大学・短大・専門学校や高校卒業と同時に就職した後、入社3年以内の転職活動をしている人のことを指します。第二新卒と少し紛らわしいのが、既卒という区分です。既卒の一般的な意味は、学校卒業後に正社員として勤務したことのない者を指します。なので第二新卒と既卒の違いは、学校卒業後、就業経験があるかないかということになります。

では続いて、実際に第二新卒で転職する際の難易度はどうなのということで、第二新卒の転職市場での価値についてお話していきたいと思います。


第二新卒の転職市場での価値はどうなの?

現状、第二新卒の市場価値は上がってきております。ではなぜ第二新卒の市場価値は上がってきているのでしょうか。それは就職・転職市場が縮小傾向にあるからです。そしてその要因となっているのが、今では聞かないことのない少子高齢化の影響で、新卒の採用市場の縮小、労働人口の減少が挙げられます。


企業が第二新卒に求める3つのこと

それでは、第二新卒の市場価値が高まってきているということも分かったので、実際に転職する際には企業に何が求められるのかについて、企業のメリット・デメリットを踏まえてお話していきましょう。

①企業が第二新卒を採用するメリット・デメリット

ここでは企業のメリット・デメリットに関してお話していきます。

企業側から見た第二新卒を採用するメリット

企業側にとって、第二新卒を採用するメリッ

トは以下の通りです。特に中小企業は、新卒採用での採用難易度が上がっているため(新卒では大手企業が一括で大量採用を行うため)、第二新卒の採用を積極的に行っている企業は多くなってきています。

●コストが低い
 ・中途採用よりも採用のコストが安い
 ・基本的な社会人マナーが身に着いている(研修不要)
 ・中途採用で経験者を雇うより給料を抑えられる
●前職の勤務年数が少ない分、企業文化に染まっておらず柔軟性がある
●新卒者は大手企業に流れがちだが、第二新卒は中小企業にも来やすい

企業側から見た第二新卒を採用するデメリット

企業が第二新卒を採用するメリットに関してはお話させていただいたのですが、メリットもあれば当然デメリットもあります。企業側のデメリットは以下の通りです。このような理由で第二新卒の採用を躊躇する企業も現実にはあります。

●前職を3年以内に辞めたため、またすぐ辞めるかもしれない
 ・前職を早期退職しているためストレス耐性が低い可能性がある
 ・キャリアビジョンがあいまいな可能性がある
●社会人経験があるとはいえ、中途に比べると経験もないため仕事を教える労力がかかる
●新卒と違って経験的には新卒と大差ないが中途採用という立場のため、他の社員との扱い方が 難しくなる

②企業が第二新卒に求めていること

ここまでの企業が第二新卒を採用するメリット・デメリットから、企業が第二新卒に求めていることは下記の3つになります。もちろん職種、業界の経験を求めてくる企業もありますが、基本的に第二新卒では未経験での転職が多くなってきますので、未経験に限定してお話していきます。

●基本的な社会人マナー
●素直であること
●キャリアビジョンが明確であること

この3つを見ていかがでしょうか。それほど難しくないと感じる方が多いのではないでしょうか。
ではこの3つを企業はどのようにして判断するのでしょうか。それを一つずつ解説していきたいと思います。

基本的な社会人マナー
これは面接全体で判断されることが多くなります。面談での礼儀作法的なところはもちろん、ビジネスにふさわしい言葉遣いであるか、論理的な話し方であるかを企業は見ています。

素直であること
これも同様、面接全体で見られることが多くなります。ここで重要となってくるのが、相手の意見に対して否定をしないことです。なので、「○○についてどう思う?」といった質問をされたとき「○○という意見は間違っていると思う」という回答ではなく、「○○という意見もあると思います。しかし私は○○と思います」というように一度相手の意見を受け入れることが必要となります。なので、面接では頭から否定はせず、そういう意見もあるよねというように、受け入れるということが重要になります。

キャリアビジョンが明確であること
これに関して、企業がどこで判断しているのかというと、転職理由です。ではどのような転職理由であれば、キャリアビジョンが明確であると思われるのでしょうか。それは現在視点の転職理由ではなく、未来視点の転職理由であることです。具体的に良い転職理由としては、「将来的○○をしたいのですが、○○するために必要なこういうことが御社であればできるから」というような感じです。この「将来したいこと」「転職してできること」が具体的であればあるほど良いです。

反対に良くない転職理由としては、「今の仕事が嫌いだからです」といった理由です。この理由に関して、どこが良くないのかというと、現状が嫌で抜け出したいということはわかりますが抜け出すことで、どうなりたいのかという未来視点がなくどうなりたいのかがわかりません。
これは転職理由作る際にもつかえますので、是非参考にしてみてください。


最後に

このブログを読んでいる方で、新卒で入社した会社を辞めて転職しようかなと一度でも考えたことがある人は、少なくないと思います。でも転職に踏み切るのはなかなか勇気がいりますよね。それはどうしてなのでしょうか。それは将来的なビジョンが見えていないが、なんとなく今の職場が嫌だから転職をしたいと思う方が多いのではないでしょうか。それでは、失敗する可能性は非常に高いです。そうならないためにFor A-careerで一緒に今後にキャリアについて考えませんか?私たちはいつでもお待ちしております。少しでご興味があれば応募フォームまたは電話番号からご連絡ください。








簡単無料相談実施中!

関東関西への就職なら For A-career へ。
初めての就職・転職のご相談、お問い合わせはお気軽に!