Original

自己分析<企業研究

企業研究のすゝめ

4月も2週目となり、新社会人も少しずつ社会に慣れてきているころかもしれません。


しかし、そんな中少しずつ下記のような方も増えてきているのではないでしょうか。


■社会人って大変だな、、、

■入社前に聞いてたこととちょっと違うな、、、

■会社とあわないな、、、

など。




やる気にあふれた新社会人もいれば、

今後のキャリアに早速悩み出している方も非常に多いと思います。



今回は、そんな皆さんに次回失敗しない転職の際に抑えておきたいポイントと

就職活動中の学生の皆さんに行って頂きたい内容をお伝えいたします!



企業研究の重要性について

就職活動や、転職活動の際に、結構重要視しがちなのが、「自己分析」です。



重要は重要なんですが、今回伝えたいことはそれ以上に重要性の高い「企業研究」についてです。



どうして企業研究が重要なのか!?

大きく2つあります。


①面接官に入社後のイメージをもってもらうために。

②自分自身の未来のために。


です。


①面接官に入社後のイメージをもってもらうために。

①については、前回の記事でも書かせて頂きましたが、

  https://f-a-c.co.jp/blog/0 https://f-a-c.co.jp/blog/0



面接官が見ているポイントはあなたが会社でどう活躍してくれるのかをイメージし面接をしています。


相手に働くイメージをしてもらうためには、働き方を最低限理解しておく必要があります。


たとえば、、、

・ビジネスモデルはどうなんだろう

・営業のアプローチの仕方はどうなんだろう

・事業内容は具体的に何なんだろう


など。


上記がわかったうえで、相手に働くイメージを伝えることができるというわけです。




さらにいうと、採用にはコストがかかっています。


皆さん一人ひとりを採用するために会社は、お金をかけているということです。

面接官はもちろんそのことを知ってます。



その時に、面接官が「この人は入社後すぐに活躍するな!」と思えば、
すぐに採用費用分の働きをしてくれるだろうと、採用に向けてポジティブに考えることができるわけです。



少し、リアルすぎる話になりましたが、採用は会社の最も重要な業務です。



それだけ面接官も責任があるわけですね。



ですので、いかに働くイメージ、それから利益をもたらしてくれるというイメージを伝えなくてはならないわけです。



その為の企業研究というわけですね!


②自分自身の未来のために。

②は、本当にそのままです。


自分自身の未来を大きく左右致します。



企業研究が甘かったがために、早期離職をしてしまい、
職歴を汚してしまう。。。


これは本当にもったいないことです。


ポテンシャルしかない20代というタイミングで、自分の未来を悪くしてしまいます。


なので、絶対、入社したい会社のことは徹底的に調べてください!


そうすることで、内定率はぐんとあがり自身の未来も明るくします!


就職活動する際には妥協することなく、企業研究をしてくださいね!


どうしたらいいの?
細かく教えて!


などお困りごとはいつでも相談してくださいね!

  LINE Add Friend https://line.me/R/ti/p/%40ana9146v








簡単無料相談実施中!

地方就職なら For A-career へ。
初めての就職・転職のご相談、お問い合わせはお気軽に!