20代の転職!転職回数は何回までOK?~回数が多くても転職を成功させるためのポイント~


一昔前までは終身雇用が当たり前だったので、転職をする人は少数でした。

新卒で会社に入ったら、その会社で定年退職するまで働くことが一般的だったんですね。


しかし、最近は転職することは珍しくなくなってきています。20代の若手社員であっても、自分に向いていない会社はさっさと辞めて転職する人が多いです。


ですが、転職回数が多いのも転職には不利になってしまうかもしれません。

では、何回までなら影響なく転職できるのでしょうか?

今回は20代で転職するときの回数についてお伝えします!



20代の転職!回数は何回までOK?



上の表は20代の転職率を転職回数別に表したものです。


転職回数0回の成功率を100としたとき、転職回数1回での転職は95.7と0回とほとんど変わりませんが、

2回になると46.6と、半減しています。


さらに、3回では14.14回以上は4.5と急激に減少します。


このように、20代で転職回数が2回以上になると、転職市場では不利になってしまうようです。



24歳以下で転職2回以上は回数多い?


20代で転職をしたことがあると言われてもそこまで違和感はないものの、もし24歳以下で2回以上と言われるとどうしても「転職回数が多いな」と思われやすいです。


なぜなら、もし大卒22歳で就職をしたとして、2回すでに転職をしたとなると、1社あたりの在籍期間が1年前後ということになります。


最初の会社選びを間違えたのは、学生だったからという理由で納得はいきますが、2社目に関してはそうはいきません。


そのため、協調性がないから会社に馴染めないのではないかなど、何か本人に問題があると思われかねないのです。



25~29歳で転職3回は回数多い?


24歳以下では転職2回以上だと転職しにくいと思われるように、25〜29歳となると3回以上からが同じく危ないゾーンになってきます。


29歳でもし3回目の転職をしたとしても、やはり1社あたりの在籍期間は長くて2年となります。


日本では、まだまだ新卒で入社した会社に定年まで勤め上げるのが当たり前、と考えている40代50代人は多いので、転職回数が多いとやはり転職しづらくなってしまいます。



転職回数が増えると書類選考で落とされる?



残念ながら、転職回数が多ければ多いほど、書類選考で落とされる可能性は高くなります。


企業にとって、採用は手段でしかありません。


企業は採用した人材が中長期的に定着し活躍してくれることで、初めて採用が成功したと言えます。


採用活動も多くのお金がかかっています。

そのため、採用した人材がすぐに辞めてしまうことは、採用の失敗を意味するわけです。


そういう観点から言うと、転職を繰り返している人は定着率が低い危険性が高く、企業が書類の時点で不合格にする基準となりやすいのです。


  お問い合わせ|地方の就職・転職を全力サポート!20代のための就職・転職エージェントFor A-career お問い合わせ|For A-careerは地方在住の20代のための就職・転職エージェントです。 マンツーマン担当制で一人ひとりの希望や個性をヒアリング。 ITや営業など、あなたのキャリアプランに合わせた地元企業を徹底紹介いたします。 株式会社 For A-career



20代での転職回数多い人に対する企業の本音


企業は転職回数が多い人に対して、具体的にどのような印象を持つのでしょうか。


ストレスに対する忍耐力がなく長続きしない印象


社会人はその働きに応じて給与をもらっていますので、もちろん楽しいことばかりではありません。やりがいもありますが、それを上回るくらい辛いことが多いものです。


そのため、転職回数が多い人は、そういった辛いことや嫌なことによってもたらされるストレスに弱い人だという認識をどうしても持たれてしまいます。


ストレスに弱いということは、忍耐力が足りないため、長続きがせず、何かあればすぐに仕事を辞めてしまう人だと思われてしまうのです。

企業からするとすぐに辞める人は困るので、転職回数が多い人は敬遠されてしまうこともあります。



反省を次に活かせない印象


転職回数が多い人というのは、辞めてしまった理由を分析し、次の会社・仕事選びに活かせていないということです。


つまり、企業からすると、会社・仕事選びだけでなく、きっと全般的に反省を次に活かす能力がない人なのかな、、と思ってしまいます。


転職先選びというのは、通常の仕事とは比べものにならないほど、大事な決断です。


しかし、その決断を何度も間違えているということは、反省を次に活かせていないと思われるかもしれません。


協調性が弱く人間関係の構築が苦手な人

退職の理由として一般的に多いものとして、「人間関係」が挙げられます。


つまり、周囲の人たちと上手くやれなかったために、退職をしてしまうというケースです。


企業側としても、退職する人の多くが人間関係を上手く築けなかったという理由が多いという事実は把握しているものです。


そのため、もし転職回数が多い人が応募してきた場合、「きっとこの人も人間関係を構築できない協調性の無いタイプの人材なのでは?」と勘ぐってしまうわけです。


組織の中では協調性が求められますし、どれだけ個人の力が優れていたとしても、周りと協力できない人間は必要とされません。


トラブルメーカにもなりうるため、避けられやすい傾向にあります。



20代での転職回数が多くても転職を成功させるポイント


これまで転職回数が多いとマイナスになってしまう面をお伝えしました。

「もうすでに3回も転職してるよ、、」という方もいるかと思いますが、転職回数が多くても転職を成功させることはできます!!


ポイント①転職回数の多さを反省し、失敗をどのように活かすかを伝える


採用企業が最も心配していることは、採用してすぐに辞めてしまわないかということです。


応募者の転職回数が多いと、きっとまた採用しても辞めてしまうのだろうなという懸念が生じてしまいます。


そこで大事なのが、「今回こそは大丈夫」と思わせることです。


そのためにも、今までなぜ転職を繰り返してきたのかということを振り返り、その原因の特定と解決策をしっかりと提示することが大切となります。


たとえば、周囲に馴染めなったことが退職理由だとすれば、馴染めなかった原因と今回はどうやって馴染んでいくかという具体的に話しましょう。


「ウチの会社では大丈夫だろう」という安心感を持ってもらうことで、転職回数が多いことへの不安を払拭できます。



ポイント②職歴の多さによる経験値をアピール材料にする


転職が多いということは、逆に武器にすることもできます。


転職が多いことは、言い換えれば他の人よりも多くの業界や職種の経験を積んでいるとも言えるわけです。


また、職歴が多い人ほど、様々な環境で様々な仕事のやり方を経験してきているため、変化に強いといえるでしょう。


この様に、「転職回数が多いことが実は仕事をしていく上では武器になる」と企業にアピールすることができれば、選考はスムーズに進むはずです。


マイナス面をプラスに変える工夫をすることで、転職回数を自分の強みにしてしまいましょう。



ポイント③将来のキャリアビジョンのための転職だということを強調する


企業は転職回数が多い人に対して、「不真面目」「計画性がない」という思い込みを持ってしまっているため、この思い込みをひっくり返す必要があります。


つまり、転職一つ一つが考え抜いたもので、かつ計画性のあるものだと思ってもらうということです。


そのために大事なのが、将来のキャリアビジョンです。


将来の長期的なキャリアビジョンを企業に提示し、転職の一つ一つがそのキャリアビジョンに沿っていたことをしっかり伝えましょう。


そうすれば、それまではいい加減に見えていた転職も、全て意味と計画性のある前向きなアクションに見えてくるはずです。



ポイント④中小・ベンチャー企業なら転職回数を気にしないことが多い


他の方法としては、転職回数を気にしない企業に転職するという方法もあります。


大体、転職回数を気にする企業というのは、ほとんどがいわゆる大手企業です。


それに比べて、中小・ベンチャー企業では転職回数を気にしないことがほとんどです。


大手企業に比べて厳しい環境で戦っており、人材集めに必死になっています。


毎日のほほんと人間関係を大事にしてそれなりに仕事をこなしていく人材ではなく、その日その日を生き抜いてくためにあくまで実力がある人材こそを求めているわけです。


だからこそ、転職回数が多い経験豊富な実力者にはぴったりな環境だといえます。


転職の多さからくる豊富な経験をアピールすることで、魅力的な人材だということを分かってもらいましょう。


  転職成功者の声|地方の就職・転職を全力サポート!20代のための就職・転職エージェントFor A-career For A-careerは地方在住の20代のための就職・転職エージェントです。 マンツーマン担当制で一人ひとりの希望や個性をヒアリング。 ITや営業など、希望のお仕事に就職・転職成功した先輩の声をご紹介しております。 株式会社 For A-career



20代の転職!転職回数が多い人は転職エージェントを利用しよう


これまで、転職回数が多い場合の対処法を紹介しましたが、20代で転職回数が多い場合には非常に難易度が上がります。


若いうちはスキルが未熟ですし、転職回数が多いとどうしても不真面目な印象を与えるからです。


なので、自己アピールをかなり工夫しなければ、転職は難しいといえるでしょう。


そのため、転職エージェントを利用することをおすすめします。


キャリアアドバイザーが担当についてくれるため、転職回数が多くても最適なアピール方法を考えてもらえます。


さらに、全国の企業と太いパイプでつながっているので、非公開の企業に特別に推薦してくれることもあります。


一般の応募者よりも優先的に選考してもらえますし、転職回数が多いことがハンデにはなりません。


将来的なキャリア相談にも乗ってくれるため、これからのキャリアが不安な人はカウンセリングを受けることをおすすめします。


転職・就活でお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください!


  お問い合わせ|地方の就職・転職を全力サポート!20代のための就職・転職エージェントFor A-career お問い合わせ|For A-careerは地方在住の20代のための就職・転職エージェントです。 マンツーマン担当制で一人ひとりの希望や個性をヒアリング。 ITや営業など、あなたのキャリアプランに合わせた地元企業を徹底紹介いたします。 株式会社 For A-career



簡単無料相談実施中!

地方就職なら For A-career へ。
初めての就職・転職のご相談、お問い合わせはお気軽に!